BBQをはじめよう!

初心者のためのバーベキュー情報サイト

バーベキューの火起こしの燃料は種類が豊富

バーベキューの火起こしの燃料は種類が豊富 バーベキューの際などに火起こしをするのですがどうしてもマッチやライターの火ではなかなか炭に火が移ってくれません。
そんな時活躍するのが着火剤といわれる焚きつけ用の燃料です。
文化焚きつけと呼ばれる石油のしみこんだ固形状のものや、アルコールをゲル状にした着火剤、液状のものもあります。
文化焚きつけは炭の下にひいて使いますが、残り二種は主に炭の上からかけて使うのが大きな違いです。
あくまで火起こし用のツールなので火が弱くなったから、墨を足したからといって火がついた後のコンロに使ってはいけません。
引火して火傷や事故の恐れがあるためです。
また、いずれも着火剤であるので保管には気をつけなければなりません。
これらの着火剤はすぐに火がつくように開発されているので電気火花などでも引火、炎上してしまいます。
バーベキュー用品とキャンプ用品などを一緒に仕舞っている場合には特にガス缶やマグネシウムライターなどと言ったものも発火の原因になります。
袋を二重、三重にして火の気のない場所に保存しましょう。

バーベキューをやるならライターを忘れずに用意しましょう

バーベキューをやるならライターを忘れずに用意しましょう 春から秋にかけて、気軽にレジャー感を味わえる屋外で行うバーベキューを楽しむ人たちが増えてきます。
色々な道具が必要になってきますが、バーベキューを行う上で忘れてならないのがライターです。
ガスや電気がない屋外では火を起こすために、多くの人が使用しています。
しかし、普段慣れていないと火を付けるだけでも意外と大変です。
バーベキューをスムーズに楽しむためには、火をすぐに起こせるようにしておくことが大切です。
そのためには、用意する炭が湿気っていないように気をつけましょう。
市販されている着火剤も用意しておくと便利です。
新聞紙でも代用できますが、量が増えると灰の量が増えてくるので注意が必要です。
ライターは着火口と引き金がなるべく離れているものを選びましょう。
炭を準備した後、着火口と引き金の間が長いと奥に差し込んで火を付けることができるからです。
しばらく使っていない状態だったら、必ず出かける前に電池やガスが減っていないか確認しておくことも大切です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>
Copyright © 2018 BBQをはじめよう! all rights reserved.