BBQをはじめよう!

場所毎にルールがあります

場所毎にルールがあります

場所毎にルールがあります 自然の中で食事を楽しむことができるのがバーベキューの醍醐味です。家族で出掛ける時やカップルや仲良しグループ、会社の同僚やサークルなど人数がある程度集まれば気軽に楽しめるのも魅力と言えましょう。バーベキューは火を燃やして食材を焼いて食べるなどの特徴があるため、火を使える場所であるのか否かを最初に調べておくことが大切です。勿論、専用の施設であれば自由に利用ができるわけですから、それほどナイーブになる必要はありません。
山や海に出掛けた時など、周りでバーベキューをやっていると自分達も竈を作り、食材を買えば気軽にできそうだと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、燃えカスはそのままにしておけば自然破壊に繋がりますので、仮に竈を作って出来る場所でも、バーベキューを楽しんでいる時には万が一のことを考えてポリバケツなどに水を汲んでおきましょう。また、最後に燃えカスは綺麗に片づけなど後処理も忘れずに行うことが大切です。

バーベキューの専用コンロ

バーベキューの専用コンロ バーベキューコンロにはホワイトガソリンを使ったタイプ、簡易ガスを使ったタイプなどがありますが、簡易ガスの場合には器具にガスボンベをセットすればすぐに利用ができるメリットがあります。一方、ホワイトガソリンを使うタイプは最初にポンピング作業を行い、内部に圧力を加える必要がありますし、火力が安定するまでには多少の時間が掛かるなどの違いがあります。但し、ホワイトガソリンはパワーが高いので煮物料理を作りたい時に便利です。
バーベキューでは火を使うことになるので安全性に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。勿論取り扱いを間違えれば大事に至る可能性はゼロではありませんので十分な注意は必要です。特に、薪を使ったバーベキューなどの場合、風が強い時などは周りに燃え移る可能性もあるので、万が一に備えて水を汲んでおくなどの配慮は必要不可欠です。尚、ポリバケツに水を汲んでおけば安全性を高めるだけでなく、洗い物をする時にも便利です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>
Copyright © 2018 BBQをはじめよう! all rights reserved.